Home > cott News -コットよりお知らせ-

cott News -コットよりお知らせ- Archive

2016稲刈り休み

以下の通りお休みをいただきます。
10月18日(火)〜21(金)
稲刈り機からの風景
かつての学校がそうであったように今秋から農繁期休暇を実施します。
自然界のご機嫌により農作業の段取りが変わるため、「毎年○月の第○週は休業」というような言い方はできないのですが、営業日(平日)に休業をいただく際にはここで随時お知らせします。臨時休業をいただくおそれのある時期は以下の通りです。

  • 5月下旬頃(小粒米の田植え)
  • 6月中旬頃(山田錦の田植え)
  • 9月下旬頃(小粒米の稲刈り)
  • 10月中旬頃(山田錦の稲刈り)

ご理解の程、よろしくおねがい致します。

書籍掲載のお知らせ

農す神戸とTURNS
TURNS8月号農す神戸に安福が登場しています。
よかったら見てやってください。
な、8月でした。

事務所移転のお知らせ

cottの仮設オフィス
2/15(月)よりオフィスを移転します。
まだ壁が仕上がっていなかったり、足場がついていたり、コードがぶら下がっていたりと現場感が漂っていますが、電話とインターネットが思いの外早く繋がったので見切り発車で引っ越すことにしました。しばらくは平日デスクに向かい、週末は工事という日々になりそうです。
関係の方々には工事等がもう少し落ち着いてから正式にご案内させていただきます。
移転先は以下の通りです。
〒651-1603 神戸市北区淡河町淡河792-1(淡河宿本陣跡)
TEL 078-220-7211(変更はありません)

We are pleased to announce that we will move into the new office on February 15, 2016. Our office is located in Japanese old hotel at 792-1 Ogo Ogo-Cho Kita-ku KOBE, JAPAN 651-1603.
Please note that telephone number remain unchanged.

2015-2016年末年始の営業と

12/26(Sat)〜1/3(Sun)までお休みをいただきます。

Business Hours During the New Year’s Season
Please note that we will be closed from December 25th through January 3rd.
淡河宿本陣跡
今年は例年よりも長いお休みをいただくのですが、実は春頃から使い始める新しいオフィスのプチ改装をします。
前の茅葺き古民家から今回の物件へ辿り着くまで3年もかかりましたが、地域の仲間たちとこつこつ地域活動を続けてきた中で、良い縁に恵まれました。
当面は写真左の蔵のひとつが仕事場になる予定です。コワーキング用デスクも置きます。

実は独立当初からここで仕事ができたらなぁと夢想していた場所で、企画がいろいろ湧いてきてとてもわくわくしています。
引っ越しした際には改めてご案内致します。

なお、プチ改装お手伝い大歓迎です。

日時:12月27日(日)9:45〜15:00
12月28日(月)9:00〜16:45
12月29日(火)9:00〜16:45
(途中参加、途中退席OK)
持ち物 :汚れても良い服装、動きやすい靴、スリッパ(母屋を見学されたい方のみ)
内容:床はがし、梁壁棚ふき、机づくり、蔵から出てきたものの整理、庭そうじなど。
参加費:無料(昼食は希望者のみひとり500円ぐらいで石油ストーブを囲んでの現場鍋予定。道の駅で食べていただいてもお弁当持参でもOK。)
アクセス:道の駅淡河より北へ徒歩1分。隣地に駐車場あり。三宮から目の前のバス停「淡河本町北」まで約42分(夏は35分)片道660円、1日3本、往復で計6本のバスが出ています。
(平日は8:20三宮発9:02着、16:57淡河本町北発17:41着、土日祝は9:00三宮発9:42着、15:17淡河本町北発16:01着のバスがおすすめ。詳しくは神姫バスナビより検索)
その他:参加予約不要ですが、「現場鍋」に確実にありつきたい方はその旨をcottに電話(平日9時〜18時のみの対応)かメールをいただくか、このブログ記事のコメントに書き込んで下さい。なお、プチ改装作業が早く終わる27日(日)についてはプチ飲み会をしますので、交通手段を確保出来る方はそちらもぜひ。

Debut 2

おうごん米
おうごん米、3kg入りもデビュー。
パッケージングする人の作業性も考えてデザインできたら、ということで、今回も夜なべ。数種のラベルを刷って、カットして、貼って、袋に詰めて、量って、かたちを整えて、折って、結んで、と案外時間がかかる地味な作業の繰り返し。手間はかかるのだけれど、愛娘を嫁がせるのに近い気持ちになってくる。

うちは農地を日々維持するためだけに稲作をしているような兼業農家が多い地域で、我が家も米に関してはそれに近いスタイルだが、やる気がないわけではなく、ほとんどの方はそれぞれの長年培って来た方法で真面目に米を作っている。農家はどうしても革新的アイデアを実現する農家がクローズアップされ、目立たなければやる気なさそうに見えてしまう世界だが、その目立たない農家たちだって実は地味な作業を積み重ね、先代から受け継いだ土地で子どもを育てるような気持ちで丹精込めてつくっているのだ。デザイン担当としてはその思いのパスを殺さずつなげられるようにしなければならないな、と作業をしながら思いを新たにする。

一昨日開催された淡河米-1GP2015の優勝米はもちろん、昨年優勝米などもすべて2015年の新米で、昨日精米したてです。日々の食卓に新鮮な最高のお米をぜひ。以下イベントにて販売します。
11/3(火)みのりの祭典
11/7(土)2015神戸地域ビジョンフェスティバル
11/13(金)〜数量限定で満月堂はなとねでも販売されています

パッケージデザインがきれいなものが良いわけではない。
ただ、品質のいいものは、パッケージにもこだわったものが多い。
パッケージは「顔」として消費者にそのモノをわかりやすく伝えると同時に、作り手の生産意欲をより高めることもできる。
いい提案ができると、さらにいいものを生産しようという気になってもらえ、作り手の想いとパッケージが呼応し合う。
そういう意味で今回の「おうごん米」はとても嬉しいパッケージとなった。

DEBUT

10/24本日、EAT LOCAL KOBEでデビューするおうごん米。
「淡河米-1GP(コメワングランプリ)」の「お米甲子園」で優勝した、うちの町で一番おいしいと太鼓判を押されたお米です。
私は残念ながら行けませんが、気合い入れて夜な夜なパッケージングしましたので、ぜひお買い求め下さい。
売れなかったら私が全部買い取りたいぐらい出すのが惜しいのが正直な気持ちです。
おうごん米
消しゴムスタンプ
納期がない、予算も無い、ロットが小さい。でもどうしても金を表現したい…ということで、ひとつひとつ、お手製スタンプで。

年末年始の営業

2014年の年末はカレンダー通り31日まで営業します。年始は1/1〜1/4までお休みをいただきます。

Business Hours During the New Year’s Season
Please note that we will be closed from January 1st through January 4th. We will re-open on January 5th in 2015. We are closed on Saturdays, Sundays and national holidays.

年末年始の営業

年内営業は12/30(MON)まで、年始は1/2(THU)より営業します。(その他は土日祝は休み、カレンダー通りの営業ですが、こっそり28、29も営業。)

この12月に長年はめてきた足枷がようやく外れ、晴れ晴れとした気持ちで新しい年を迎えられそうです。自制してきた企画など、積極的に主体的な動きをしていければと思っています。
ですが、年賀状が間に合わず、年明け発送となってしまいます。失礼かと思いますがご容赦いただけると幸いです。
晴れ晴れと新年を迎えるべく、とりあえず、年内もぐいぐい働きます〜。深夜の撮影後、この時間にタベルノカタベナイノカ。
撮影中
Please note that we will be closed from December 31th through January 2nd. We will re-open on January 3rd in 2014. We are closed on Saturdays, Sundays and national holidays.

定休日変更のお知らせ(期間限定)

通常は土・日・祝が定休ですが、
来週、2013年8月12日(月)〜10月20日(日)までの期間は
水・日・祝が定休日となります。

Please note that our days of operation will be changed, starting from August 12th, 2013 (Monday) to October 20th, 2013 (Sunday) as follows:
CLOSED: every Wednesday, every Sunday, National Holiday

出演情報

カメラをひっさげてレポーターの女の子と一緒に町内を巡ってきました。
「歴史的なものがたくさん残る地域にも若手で頑張ってる人がいてます(一応デザインの人)」という感じで安福が出演しています。
関西圏でケーブルテレビをご契約されている方はぜひ。
淡河町内をロケ
山とカメラ女子
歴史街道 ~わたしたちのまちの歴史と文化~
7/21(日) 7/28(日)23:15~ほか(番組放送スケジュール詳細

歴史街道は「伊勢-飛鳥-奈良-京都-大阪-神戸」にサービスエリアをもつケーブルテレビ会社と歴史街道推進協議会が協力して制作している番組です。

yasufuku

Energy

所長さん、少しの間中国へ行ってくるそうです。
向こうへは荷物をできるだけ軽くしていきたいらしく
仕事を極力持ち込まないと言い張ってまして、
ふざけつつもいつになく真剣です。
cott事務所
高価な寝袋をゲットしてふざけて寝袋にくるまってたが、いつの間にか真剣に働くの図

プロジェクトそのものがとてもおもしろかったり、
それにアイデアを足していくといつの間にかおもしろいものに変容しつつあったり、
いろんな人との関係性の中でこれまたおもしろく変容しつつあったり、
単純にドラマやドキュメンタリー、流行りの音楽やアートにインスパイヤされたり、
はたまた山を越えた後のデート、家族や友達との時間を楽しみにしていたり、
ポジティブなエネルギーを力に変えてく。

それはきっと誰にだってあてはまること。
素敵なことです。

cottもだれかを感化させて化学変化を起こせるような、
まっすぐな視線ではい続けたいと思います。
なにか嬉しいことを考えながら、
前を向くエネルギーに変えていきましょう。

中国では先端のグラフィックデザインはもちろん見るとして、
思想と一体となったカタチ、
つまり人のよりどころとなるものの中に、カタチはどのように存在するか
そこにしかないカタチがいかに生まれ、変容しているか
をその目で見てくるそうな。

伝統や文化は案外適当にできていたりもする
とも言っているのですが、じゃあ、適当につくろうか。
ともならず、結局のところ、真面目か!です。笑
むしろ掘れるところまで掘る。分解できるところまで分解する。
ある種のオタクですね。
例えるのなら、「より制約に縛られるための考古学者のような調査でなく、
より自由につくるための分解作業」らしいです。
うまいこと言ったようですが、わかりにくいです。

1/29(Tue)〜2/21(Thu)
そういうわけで上記期間中は安福宛のメール、電話のお返事が遅れる恐れがあります。
とはいえ、今抱えている案件は全て持って、むこうで制作もしています。
安福個人への携帯電話も日中であれば通じます。(携帯電話へのメールはご遠慮下さい。)
直接ご連絡いただく方、通常の国内通話料と同じ料金でご連絡いただけます。
現地の電波状況により、もしかしたら少しご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、
万全のサポート体制で臨みますので、ご理解の程、よろしくおねがい致します。

追記
特に特別な手続きの必要もなく、全世界でつながる携帯電話やパソコン。
過剰な設備と膨大な資料から解き放たれて、
この手とこの脳味噌を頼りにいざノマドワーク。

また、今回はLCCを試してみるのですが、神戸から東京行くのとだいたい同料金で中国上陸。
インターネットで予約して、帰りの便はむこうに上陸してから考える。
まるで東京出張かのように中国出張。
そんなふうに海のむこうが近くなったのは我々の仕事にとっては素晴らしいこと。

さまざまな価値感が鎖国状態の日本。
おかげでか、おかしな和洋折衷のデザインをよく目にする。
まぁそこも日本らしいと言えば日本らしいのですが、
もっと品格を保った「らしさ」を提案したくなるのが正直なところ。
特にトラディショナルに関わるデザインをするのならば、
内から発信しながら、もっと外からも見なければ。

東洋と西洋のグラジュアルな変化をなぞりたい。

yasufuku

謹賀新年

2013cott年賀状
新年あけましておめでとうございます。

2013、巳。
古くなった皮は脱ぎ捨てて、未だ見ぬ世界へ。

皆様にとって素敵な一年になりますように。
本年もどうぞよろしくおねがい致します。

cottは今日から瓦葺き事務所での営業開始です。
なんとか片付けが間に合って、ヨカッタ。。
cott事務所
が、あわてて引っ越してきたからか、埃も連れてきたようで、お掃除さんを雇いました。

お掃除ロボットです。
椅子にがんがん体当たりしてきたりしますが、小さなからだでいつの間にか部屋中くまなく掃除してくれていてかわいいです。掃除がしやすいように、床に物を適当に置かないように心がけられるようになるのもまたいい。
お掃除ロボット
機械にいい意味で気を使わされるというある種近未来的な状況にわくわくしつつ、
赤くて丸いペットともども仕事はじめ。

ホーム > cott News -コットよりお知らせ-

Recent Articles
Backnumber

Return to page top