Home > Tweets -はてしないたわごと- > 季節巡る

季節巡る

朝晩が涼しくなってきた。稲の穂は色づき始め、頭を垂れる。心無しかイノシシも脂の乗る秋を目前に、あちこちで出没し、元気になってき始めた気もする。世の中が大変なまま、季節は巡る。

この春夏だけで世界がめまぐるしく変化した。直接人と出会うことなくひとと繋がり、社会を回すために多くの方が実践した。地方に住みながら東京で働くようなことだって増えているだろう。以前私が世界を巡りながらしていた仕事の仕方すら世情が落ち着いた時には一般的なものになっているかもしれない。そうはいっても画面越しに人と会うというのはなかなか慣れないものだ。一緒にいるのだろうけど、同じ場所にはいない。私の遺伝子はその状況を受け入れていないのか、のれんに腕を押すような気分だ。私も歳を取っているのだろう。そういうことを夜風に吹かれて思いながら、たまに穏やかな時を過ごす。コオロギが鳴いている。秋の田舎は今日も穏やかだ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > Tweets -はてしないたわごと- > 季節巡る

Recent Articles
Backnumber

Return to page top