Home > cott Photo -コット写真部- > 山とカメラと農村の夏

山とカメラと農村の夏

Facebook限定ですが、イベントのおしらせ。

カメラ研究演習~夏の山歩き~

画素数が進化しても、
自分が撮る写真の質は全然進化しない。
そんな思いを抱いている方はいませんか?(俺)
一眼レフでもコンパクトデジカメでも、携帯のカメラでも、
ちょとしたコツでいい写真が撮れる(らしい)。
8月の名前はまだ無い大学では
農村で活躍するアートディレクターを先生に、
夏の山に写真を撮りにいきますよ!
山とカメラ
■日時 8月11日(日)
10:00集合
15:00頃 解散

■集合場所
①神戸電鉄谷上駅(三宮駅より10分程度)
②JR三田駅(大阪駅から直通30分強)
※①か②にどちらに来るか返信ください!!
それぞれ車で現地まで送迎します。もちろん直接来て頂いてもOK。

■タイムスケジュール(予定)
10:00 集合
10:20 「cott」事務所にて自己紹介と簡単なカメラオリエンテーション
11:00 カメラ研究スタート
12:30 近くの家で着替え・昼食・カメラ談義
14:00 今日イチ写真対決
15:00 終了(駅まで送ります。居残り学習もOK。)
※途中で帰りたい方は本数は少ないですが近くにバスが出ています(バス停名:神姫バスの中山駅 三田駅行)

■先生
安福友祐 「cott」代表。http://www.cott.jp/
農村でデザイナーとして挑戦し続けるかっこよい男。

■参加費
2,000円(学生1,000円) ※昼食代含む

■持ち物
・カメラ ※携帯でもなんでもカメラ機能を有しているもの。
・長ズボンと靴 ※簡単な山歩きをするので虫がいます!必ず!長袖は自己判断で。
・カメラを愛する気持ち
・着替え等

ご参加の方はFacebookのイベントのページから参加を。
お誘い合わせの上、お気軽に。定員(10名程度)に達し次第締め切ります。
人数の都合がありますので、予定が未定の場合は参加ボタンを押さないで下さい。
https://www.facebook.com/events/1388768524669386/
そら

アートディレクターとは簡単に言うと、
あるモノ、コトを展開し、目的を達成していく過程におけるビジュアル上での責任者。
ということで職人的なカメラの話でなく、
カメラの楽しみ方、ビジュアルづくりのコツ、はたまた暮らしのヒントを伝授予定。

イメージを実現するために道具も大事だし、
それなりの道具を持ってはいますが、
写真はそれだけじゃない。
1万円以下で買ったコンパクトデジカメでデジタル一眼を持ってる参加者にも挑むつもり。
たのしいビジュアルを考えながら、たのしく山歩きしてみましょう。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.cott.jp/blog/cott-photo/6648/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
山とカメラと農村の夏 from Treehouse Blog of cott

Home > cott Photo -コット写真部- > 山とカメラと農村の夏

Recent Articles
Backnumber

Return to page top