Home > Spring of Words -こぼれおちることば- > 追憶の記録

追憶の記録

混沌

この世界で営まれるあらゆる日常は幾層にも重なって
混沌とした旋律を生み出す

目の前の大気に含まれる酸素が可視化され、それらの分子が膨張し、
どこからか湧き出る風に乗って舞い上がる

ぽつりぽつりと 静かに、周囲の物体までもが昇華し、透明になっていく
その風景はまるで深い深海 あるいは 空の彼方に浮かぶ雲の中にいるかのよう

そこにははじけて突如消えるもの
見えないところまで昇り続けるもの
泥にまみれて朽ちていくもの
その様相は かくも切なく、美しい

私は何かを考えるでもなくただただぼんやりとそれを眺めていた

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.cott.jp/blog/words/862/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
追憶の記録 from Treehouse Blog of cott

Home > Spring of Words -こぼれおちることば- > 追憶の記録

Recent Articles
Backnumber

Return to page top