Home > Spring of Words -こぼれおちることば- >

幻
あのときみた風景は、まぼろしだったのか
そう思ってしまうほどに
時はすべてのものの濃度を薄めてゆく
水溶液で言うなら、王水よりも強力な酸化力を持つはずが
デジタルデバイスに映る色は
いつまで経っても濃いままの色
(かと思いきや、その濃い色が一瞬で
デリートされてしまったりするのには参る)
だから
過去を編集することに妙にこだわってしまって
きっと前に進みにくかったんだろうななんて思って
ちゃんと触れていよう
そう思ったのは
いつだったっけかなぁ

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.cott.jp/blog/words/6506/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
from Treehouse Blog of cott

Home > Spring of Words -こぼれおちることば- >

Recent Articles
Backnumber

Return to page top